最上級レザーを使ったアイテムならNo.0ブランドへ 定番アイテムから、フルオーダーまで対応できます。 ブッテーロ、ミネルバボックス、ミネルバリスシオ、ブライドルレザー、クロムエクセルやレーデルオガワ謹製コードバンなど取り扱いしております。銘木を使ったアイテムも製作しております
 

パトリオットペン/オリーブウッド

パトリオットペン
銘木「オリーブウッド」

木軸にオリーブウッドを使用したパトリオットボールペンです。
替心は、パーカータイプ

自然の物ですので、一つ一つ見た目や質感、模様が違います。

オリーブウッドとは

古くからオリーブの木は、地中海沿岸では、オリーブオイルを採るための貴重な資源でした。
原料となる木は、若くても樹齢80年以上、ほとんどは100年以上、中には数百年という樹齢のものも多い古木です。
何世代にもわたって守られ、そして多くの人々を養ってきたその木が枯れてしまったり、何らかの理由で倒れてしまった場合に限って、それらを材料にすることが可能な、とても貴重な木材です。
そのためオリーブの木は、一本ずつ政府や自治体によって厳重に管理され、誰でも勝手に伐採することは出来ず、非常に硬い木質のため、加工も限られた人々の手でしか行えません。
長い年月の樹齢の後に伐採されたオリーブの木は、板状に切り出してからさらに3年〜7年、自然の中で乾燥させたものが材料となります。

オリーブの木がキッチン用品に使われる理由の一番は、その非常に密度の高い木質にあるといえます。よく乾燥させたオリーブは、とても硬質で、叩くと甲高い音がするほど高い密度となります。この性質のため、加工しても強度が保たれ、堅牢で長く使い続けられ、なにより水はけが良く、特にキッチンまわりの道具にはうってつけだったのです。
またオリーブの木の中にある成分に抗菌性があり、衛生面でも効果があったことも大きな理由といえます。

オリーブの木は、旧約聖書では大洪水の後、陸地を探すためにノアが放った鳩がオリーブの枝をくわえて帰ってきたことなどから、いまでは様々な平和のシンボルともなっています。
地中海沿岸地域の人々にとって、オリーブの生える大地は、平和と繁栄、そして豊かさの象徴だったのです。
それ故に、彼らのオリーブに対する愛情はとても大きく、枯れてしまったオリーブを捨ててしまうのではなく、いつまでも自らの生活に残しておこうという愛着も、これらの製品を支えている大きな理由のひとつだといえるでしょう。

価格 : 8,640円(税込)
数量    残りあと2個